新着情報

視認性、グレードコントロール、燃費が向上した新しいCAT® D1、D2、D3次世代小型ドーザ

2020.03.10 建設機械事業部

北米、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランド向けリリース: 2020年3月
リリース番号: 95PR20

成功を収めた旧モデルと同じベースの機械プラットフォーム上に構成されている、新しいCAT® D1、D2およびD3次世代小型ドーザでは、デザインの変更とテクノロジの強化に加え、排出ガス量が少なく燃料効率の高い新エンジンが採用されており、お客様に大きな価値を提供します。D1、D2およびD3次世代ドーザは、それぞれD3K2、D4K2およびD5K2モデルに代わるもので、新しいシリーズには、従来と同じ特殊モデルオプションが用意されています。

これらの次世代小型ドーザは、速度、運搬性、操縦性、汎用性、仕上げ勾配精度を最適化するように設計されています。改良された低い傾斜のフードにより、フード上部からの周辺視界やブレードのカッティングエッジに対する視認性が高まり、仕上げ勾配効率が向上します。

カラータッチスクリーン付きの10 in(254 mm)大型プライマリディスプレイから、標準装備およびオプションの高度なテクノロジ機能の多くに簡単にアクセスできます。標準装備のオートマチックトラクションコントロールでは、機械が最大負荷を検出した際にトラックのスリップを減らすことで、サイクルごとの生産性を向上させます。これにより、従来のモデルのようなオペレータ操作が不要になりました。斜面での作業時には、Slope Indicateが、斜面横断方向のシャーシの傾斜を推測なしで提供するため、オペレータの安心感が高まります。Stable Bladeがオペレータのブレードコントロール入力を補完するため、オペレータは簡単かつ迅速に、少ない負担で仕上げ整地を行うことができます。

GRADE with 3Dコントロールシステムを簡単に拡張できるCATアタッチメント対応オプション(ARO、Attachment Ready Option)のひとつであるSlope Assistは、オペレータが設定したブレードグレード角度を自動的に維持することにより、オペレータが望むブレードの縦断勾配(前/後)および横断勾配(左/右)をより簡単に実現し、作業時間を節約します。ドーザのパワーピッチオプションを使用すると、オペレータはブレードピッチ(前/後)を運転室からリモートで制御でき、ブレードの負荷に応じてブレードピッチを最適化することで、機械の生産性を最大6 %向上させることができます。

2つの足回りコンフィギュレーション(標準およびLGP(low ground contact pressure、低接地圧))が、次世代小型ドーザに引き続き提供されます。新しいシリーズでは、XL指定は使用されません。D1およびD3モデルに提供されるLGP 30 in(762 mm)トラックでは、極めて過酷な地盤条件におけるトラクションと浮揚性が向上しています。お客様は、密封潤滑式トラック(SALT、Sealed and Lubricated Track)とCat Abrasion™足回りシステムの間で、個別の用途に合わせてオペレーティングコストが最も少ないソリューションを選択できます。

新しい動力ユニット

新しいD1、D2およびD3次世代小型ドーザは、条件が厳格なEU Stage Vおよび米国EPA Tier 4 Final排出ガス基準に適合した、燃料効率の高いCAT C 3.6ディーゼルエンジンを搭載しています。排出ガス基準が厳格でない市場では、Tier 3と同等のエンジンを、Stage V/Tier 4 Finalエンジンと同じ定格出力(ネット)で使用できます。新しいドーザでは、整備時に通常のエンジンメンテナンスポイントに簡単にアクセスできるヒンジ付き大型ドアが、機械の右側に移動しました。

これらの新しい次世代ドーザは、従来シリーズの同等モデルと同じ定格出力(ネット)を実現しながら、最大10 %の燃費向上を達成しています。エコモードは、前進/後進または後進のみのオプションで利用可能であり、必要がない場合は自動的にエンジン回転数を下げて、燃費を向上させます。負荷が変化し、高いエンジン回転数が必要になると、エコモードは、負荷が減少するまで、自動的にエンジン回転数を最大にして大きな出力を供給します。

さまざまなオプション機能により、お客様は運転条件に基づいてエンジンの作動を最適化できます。対応しているタービンタイプのプレクリーナを使用すると、粉塵が非常に多い環境での作業時にエンジンエアフィルタの寿命を延ばすことができます。自動反転ファンは、オペレータの入力を必要とせずに、事前に指定された間隔でファン方向を反転させ、ラジエータおよびエンジンエンクロージャ内の粉塵の蓄積を低減します。ヒンジ付きラジエータグリルオプションにより、ツールを使用しなくても、定期的な清掃時に簡単にラジエータにアクセスできます。

新しいCAT小型ドーザの製品ラインは、CONEXPO-CON/AGG 2020の新しい野外フェスティバルグラウンドに設置されるCaterpillarブース#F4455にて北米デビューを果たし、2020年8月に生産が開始される予定です。CAT小型ドーザの詳細については、最寄りのCatディーラにお問い合わせいただくか、www.cat.com/ja_JP/products/new/equipment/dozers.htmlをご覧ください。

 

D1、D2およびD3の製品仕様

モデル

D1

D2

D3

運転質量、lb(kg)

18,240 – 18,390
(8 274 – 8 342) 

18,340 – 19,019
(8 319 – 8 627) 

20,321 – 21,150
(9 217 – 9 593) 

エンジン

CAT C3.6

CAT C3.6

CAT C3.6

定格出力(ネット)、hp(kW)

80 (59.7)

92 (68.8)

104 (77.6)

ブレード容量、yd3(m3

1.99 – 2.17 (1.52 – 1.66)

2.42 – 2.59 (1.85 – 1.98)

2.86 – 3.06 (2.19 – 2.34)

ブレード幅、in(mm)

104 – 124
(2 646 – 3 149)

109.5 – 124
(2 782 – 3 149)

109.5 – 127
(2 782 – 3 226)

ボトムローラ番号

6

7

7

接地長

89

89

91

新着記事

カテゴリ

月別アーカイブ

2020年 (5)
2019年 (14)
2018年 (1)